英語教育

0歳からのバイリンガル教育。混乱しないの?現在2歳の娘を例にお答えします!

0歳から色々な英語教材を試してきた娘が、もうすぐ3歳になります!

小さいうちから英語教育を取り入れて、できることならバイリンガルに育ててあげたいと思うものの、日本語と英語で混乱してしまうことがないのか、心配になっている方もいるのではないでしょうか。

英語と日本語で混乱しないのかな?

かんじんの日本語の成長が遅くならないのかな?

こう言った疑問を解決できるよう、英語教育に力を入れている、3人きょうだいの我が家の経験談を交えて解説していきます!

結論:混乱も日本語が遅れることもありません

わが家では家でできる英語教育を0歳からしてきました。

しかし結論から言うと、問題なく日本語を話し始めており、むしろ周りの子に比べて、ずいぶんとおしゃべりです。

まだ3歳前ですが、ママが友達から何かをもらったときには「ママ、ちゃんとありがとう言ったの?」などと大人びたことも言うことができるほどです。

そんなわが子が英語でできるようになったことを紹介します。

2歳のわが子ができること

わが家の長女は現在2歳。

0歳のときから、ディズニー英語システムの教材や、ベネッセのワールドワイドキッズなどを中心に、いろいろな英語のおもちゃや本を与えてきました。

買い物へ出かけた先で、少し親が見えなくなると決まって言うことは

「ママ〜パパ〜Where are you??」

(初めて聞いた時はびっくりしました。)

「どこにいるの?」と直感的にわかる動画が効果的だったようでしっかりと意味を理解して使っています。

他には、身近な動物の名前や基本的な色は、日本語と英語両方で言えます。

日本語で質問したときには日本語で、英語で質問したときには英語で返ってくるので、子どもなりに日本語と英語の違いをわかっています。

親「What’s this?」→娘「It’s apple!」

名詞の前につく「a」や「an」などの冠詞はまだ理解していないようですが、これはネイティブの子どもでもよくあることだそう。

徐々に理解していくものだと思っています。

動画で覚えた体の部位もわかるので、「Touch your head.」「Touch your nose.」などといった「(体の部位)を触って」という命令文も理解して正しい箇所を触ることができます。

1歳のわが子ができること

下のきょうだいに1歳の双子がいます。

「パパ」「ママ」をなんとか使い分けられる程度で、まだしっかりとした日本語を話すことができません。

そんな下の子も少しずつ英語も理解しており、身体を動かして示すことから理解していっています。(長女もそうでした)

長女と同じように「Touch your head.」「Touch your nose.」というと、頭を触ったり、鼻を指差したりします。

「Sit down.」も理解していてその場にすわることができます。

日本語はというと、同じように「頭どこ?」「鼻はどこ?」「座って!」というとしっかり理解して指さしたりすわったりします。

0歳からのできる限りの英語漬けでも日本語の遅れは全く感じません。

英語を学ぶことで日本語に影響ない科学的根拠は?

 

 

0歳のうちから親ができる英語教育

生まれて間もないわが子にどのように英語教育をしたら良いのだろうか、と思う方もいると思います。

幼児教育でわが家で実践したステップを解説します。

英語のある環境を整えてあげる

まずは英語のある環境を整えてあげることが大切です。

一番良いのは身近な大人が英語で話してあげることですが、それが難しい場合、

DVDなどの映像やCDの音声などでインプットできる環境を作ってあげます。

小さな子どもはスポンジのようにたくさんのことを吸収します。

大人になってしまうと、がんばって勉強しないと覚えられないようなことも日本語を話せるようになることと同じように理解することができます。

幼児向けの映像がよく、Youtubeなどで無料で見られるものもあります。

幼児英語教育おすすめ動画
Cocomelon(ココメロン)は幼児英語学習におすすめ!すべて無料動画です幼児の英語学習にとてもおすすめな動画コンテンツ 「Cocomelon(ココメロン)」をご存知ですか? Youtubeでみられ...

ココメロンは、小さいお子さんがとても食いつきの良い、おすすめの英語映像教材です。

一緒に楽しむ

子どもは親と一緒に何か楽しいことをするとそれに興味をしめします。

英語の歌で一緒に身体をうごかす

上手くなくても良いので親も一緒になって英語の歌を歌う。

上でも紹介したようにYoutubeなどで無料で見られる楽しい英語の歌もたくさんあります。

ディスニーの英語システムの無料サンプルもとてもおすすめです。

途中でやめないで継続する

人が言語を習得していくのは「自分に必要なのものだと感じるから」です。

日本語を話せないと親と話しができない、ということが本能的にわかるので、日本人は日本語を話すことができます。

つまり反対に、必要ないものは頭に残っていきません

毎日少しでも継続して英語を使うことを「習慣化」していくことが大切です。

英語のDVDを30分でも観る

寝る前には英語の絵本を読む

英語のカードで名前当てゲームを5単語はやる

など。

お仕事が忙しくて家事育児で大変はママパパにとってはそれ以外に毎日何かを継続するのは大変なことかもしれませんが、できる範囲で毎日少しずつでもできることを増やしていくと、徐々に効果が現れてきます。

英語をアウトプットできるイベントなどに参加する

子どもは楽しいイベント事などが大好きです。

わが家は、ディズニーやしまじろうの英語のイベントを検索して、近場でいくことのできる時にはできるだけ参加するようにしています。

イベントではアウトプットの機会を作ってくれる場面もあるので、ネイティブの先生と話せたり、自分から積極的に言葉を発することをさせられます。

イベントから帰った後も、そこで登場した先生やキャラクターが出てくるDVDをとても観たがるので効果ばつぐん。

大きなイベントやショーでなくても、近くの英語教室で「体験レッスン」に参加するのもあり。

近くのショッピングモール内の英語の無料参加イベントに連れていったあとにはそのショッピングモールへいくたびに「今日は英語ないの?」と聞いてきます。

モチベーションの向上にも繋がるので、そういったイベント事はできるだけ参加することはとても良い影響を与えると実感しています。