英語教育

子どもが英語を話せるようになるには?英語ができない親も環境づくりから

こどもが英語を話せるようになるには

学習指導要領が見直され、2020年から小学校3年生から、学校の科目に英語が追加されることとなりました。

子どもが小さいうちから英語教育を取り入れて、学校の授業で苦労させたくないな。
現代はグローバル社会なので英語を話せる子に育てたい。

そんな風に思うパパママは年々増えてきています。

英語教育は何歳から始めればいいのか?

どのように英語教育を行うべきなのか?

どんなことに意識すればよいのか?

などといった疑問を解決できる、英語教育の考え方をご紹介します。

英語を話せるようになるには何歳から始めるべきか

子どもが言語を聞き分ける「耳」は6歳ごろまで急激に発達し、その後だんだんと衰えて行くと言われています。

大人になって、英語の発音などがどうしても聞き分けられなかったり大きな苦手意識がある人は、小さい頃にほとんど英語を体験していないことが要因のひとつであるかもしれません。

幼児の英語学習にひとつ重要なことは、子どもが出来るだけ小さい時から英語が耳に入ってくる環境を作ってあげることといえます。

ただし、できるだけ早くといっても注意点があります。

人が母語を話せるようになるのは自分に必要性があるから

うちの子には、小さい時から僕の好きな洋楽をたくさん聴かせよう!音楽趣味も共有できて英語も学習できて一石二鳥だ!

英語のある環境を作ってあげましょう、と聞いてそんな風に思った方ももしかしたらいるかもしれません。

ただしそれは間違いで、それだけでネイティブ並の英語力を育てるのはそれは大人の都合のいい期待です。

日本人が日本語を話せるようになるのは日本語が自分に必要だからです。

ただ、英語を聴き流すだけではなく、日常で使える英語を聴いて覚えて日常で使うことが重要だと言えますね。

この記事ではどのように「日常で使うのか」もご紹介します。

必ずしも早ければ良いというものでもない

子どもの成長は早いので育児をしているとあっというまに年月がたってしまします。

早く英語を始めてあげないと!と焦ってしまうパパママもいますが、大人が焦って無理やり教え込もうとすると、子どもも英語が嫌いになってしまうこともあります。

幼児の英語学習は必ずしも早ければ良いというわけではありません。

以下は中学生で英語を話せるようになったお子さんのお話です。

この子は幼児期から英語のCDやDVDを掛け流しをして、英語をたくさん聞いていました。

しかし、日本語は喋れるようになってきても、英語はものの単語を言える程度。

ネイティブの人とはとうてい話せない感じでした。

しかし、小学生の時にたまたま参加した地元のショッピングセンターでやっていた英語の体験レッスンが、とても楽しい経験だったそうです。

それから、家にあった英語の絵本を自分から開いたり、それまでほとんど興味を示さなかった英語のDVDも見たがるようになりました。

その後、その子は英会話レッスンに通うことにしたのですが、それからどんどんと英語の実力をのばし、中学生で英語は自分の得意分野だと感じたそうです。

つまり、英語がある環境を少しでも早いうちから作ってあげるということは、とても大切なのは間違いないですが、ある程度成長したお子さんでも楽しいと感じて自発的にやりたいと思えれば、そこからでも遅くないのです。

まずは焦らず英語を楽しいものと感じられる環境づくりが大切です。

自宅学習で英語が日常にある環境をつくる

では、自宅で今すぐにできる英語教育はどのようなものがあるのでしょう。

子どもが英語を話せるようにする英語教育の考え方

自宅学習で英語がある環境をつくろうと思うと、親が英語を話せない限りはCDやDVDがメインになります。

しかし、ただかけ流すだけではあまり効果がありません。

赤ちゃんは五感がとても鋭く、耳からの情報のみではなく、同時に見たもの触れたものの総合的な経験から物事を吸収します。

つまり、身体を動かしたり、触れたりするスキンシップが重要であると言えます。

そして、やはり子どもは本能的に親や親しい人の声や匂いがしっかりと分かっているので、CDやDVDを掛け流しをするにしても、親の肉声で聴かせてあげることで吸収力が断然違います。

パパやママがCDやDVDの音声に合わせて歌ったり、単語やフレーズを復唱してあげることが重要です。

ネイティブが話す英語の発音を出来る範囲で真似ていれば、多少のアクセントの違いやニュアンスの違いは気にすることはありません。

なによりも、パパママの言葉で聴かせてあげる事が大切です。

他にも、英語の手遊びを一緒になって楽しんだり、

お子さんがしっている単語の果物や動物などを指差して

What’s this?

などと聞いてあげて、名前当てクイズをする。

正解を言えたときには、「Good job!」と思いっきり褒めてあげてくださいね。

これを意識してお子さんと接するだけで、英語の吸収スピードを早めることができ、基礎能力はだんぜん変わってきます。

幼児期の英語教育に必要なポイントは以下の2つ!

英語を好きになること

英語の基礎を作っておくこと

こちらの記事では、パパママが、日常で子どもに話しかける時に使える簡単な英語フレーズを紹介しています。

【すぐに使える】子どもとの日常英会話フレーズ【0歳からOK】子どもに小さなうちから英語に親しみを感じてほしいと思うパパママも多いことでしょう。 幼児英語教育には英語を生活の一部にしてあげるこ...

まずは、パパママから「英語は楽しいと思えることを体験させてあげる」ということを考えて行動してみましょう。

インプットとアウトプットの重要性

英語学習に重要なことはインプットアウトプットです。

今の時代、様々な動画や音声があるのでインプットは比較的簡単に取り入れることが可能です。

Amazonプライムビデオで観られる英語のおすすめキッズアニメ4選人間の耳は3才から7才頃まで急速に発達して、その後はほぼ横ばいで年齢を重ねるごとに衰えていってしまうと言われています。 日本語と英...

現代の日本の幼児英語学習にもとめられるのはアウトプットする環境を作ってあげることです。

人が言葉を話せるようになるのは、話せないと自分の意思が伝えられないからです。

健全に生まれた日本人で日本語を話せない人はいませんよね。

子どもに、英語を話せないと意思が伝えられない相手と一緒にいさせることでアウトプットを引き出すことができます。

英語を喋らないと相手に気持ちを伝えられないのですから。

再現性のあるアウトプットの仕方を2つご紹介します

1.英語を話せる知り合いと遊ばせる

2.マンツーマンレッスンを受ける

1.英語を話せる知り合いと遊ばせる

留学はとても良い例で、小さい時に1年間だけでも留学経験があると、それだけで英語がネイティブ並みに話せるようになる事例は数多くあります。

しかし、急に今から留学させようということは難しいと思いますので、まずはそれを身近でできる環境がないか探してみてください。

ご自分の友達に留学経験のある方はいませんか?

ご近所さんに英語を話せる人はいませんか?

すぐに思い浮かばない人も多いかもしれないですが、お子さんが保育園や幼稚園に通っていると、意外とパパかママが外国人のハーフのお子さんが同じ園内にいることも珍しくはありません。

「友達になりませんか?」と声をかけて仲良くなったら「子どもに英語を教えてもらいたいんです。」という話をしてみるとどうでしょう。

反対の立場になったらわかると思うのですが、もしも同じ園に通う外国人のママが「日本語教えて欲しいです」と言ってきたら、そんなに悪い気はしないですよね?

もしもうまく言ったら、お子さんにとても良い、自然な英語環境を作ってあげることが可能です。

2.マンツーマンレッスンを受ける

もうひとつはマンツーマンレッスンを受講するという方法です。

こちらは単純にお金がかかる方法ですが、プロの先生から正しい英語を学ぶことができるので、英語学習では定番です。

しかし、マンツーマンレッスンといっても、実際に教室に通うのもお子さんが小さいうちは通わせるのも大変ですので、まず、おすすめはオンラインレッスンです。。

オンラインこども英会話は、無料体験レッスンもあるのでお子さんの反応をみながら実際に月謝を払って始めるかどうかを決められます。

パパママも付き添いながら画面越しにネイティブの先生とお話することで、お子さんのくちからの自然なアウトプットが期待できますよ。

親がやってはいけない英語教育

ご自宅で親子で英語学習を取り組む時に注意したいことがあります。

それは、学校で習った方法で子どもに英語を教えてはいけないことです。

頭で覚えるのではなく、体(くち)で覚える。

文法を無理に教えない

大人が学校で習ってきた英語を考えると気をつけないといけない文法がたくさんありますよね。

複数形にはsをつけたり、形が変わる単語がある、be動詞や過去形などの変化がある、などなど・・・。

しかし、子どもが日本語を覚える時に、「〜は」「〜が」「〜も」などの助詞や、「〜です」「〜だった」といった現在形、過去形など、大人がわざわざ丁寧に教えなくても徐々に使い分けられるようになっていきます。

それは日常的に大人たちが話す日本を聞いて、本能的に分析しているためです。

言語はどれも同じで何度も繰り返すことによって自然と身についていきます。

「Heは男の子でSheは女の子だよ〜」と日本語で説明する。

ミッキーマウスを指差して「He is Mickey.」ミニーマウスを指差して「She is Minnie.」とだけ言ってあげる。

こういったことを日々繰り替えることによって子どもは徐々にHeとSheの違いを理解します。

日本語を軸に英語を考えない

幼児教育をするときに大人は、日本語を軸に英語を教えてはいけません。

幼児期の子どもは「英語」と「日本語」の区別が付いていません。

英語は英語で理解するように教えてあげることが基本です。

「This is a dog. これは犬だよ〜。」という必要はありません。

犬を指差して「This is a dog.」と子どもに教えたらそれでおしまい

わざわざ日本語を付け加えなくて大丈夫です。

初めは意味が分からなくても、何度も言ってあげることで、その言葉がそれを指していることを理解します。

でも、そうすると日本語が覚えられないんじゃないかな?

このように心配する方もいると思いますが、それは心配ありません。

住んでいるところが日本なのでしたら、日本語のインプットはあらゆるところにあるので、自然と「これはDogでもあるし犬でもある」ことを理解していきます。

親が英語と日本語を変換することをわざわざ教えてしまうと混乱して余計に意味の本質がわかりにくくなります。

子どもが英語を話せるようになるには、まとめ

大前提:英語は楽しいものだと思う環境づくり

英語が自然と耳に入ってくる環境をつくる(インプット)

英語を自発的に話す環境を作る(アウトプット)

映像や音楽などのインプットで「英語が好き!」という気持ちの土台を作ってあげて、そのインプットした英語を無理なくアウトプットできる環境においてあげるということが、重要です。

英語を勉強として捉える過去の英語教育ではない、英語は自分を表現するための楽しい言語の一つだということを、小さい時から自然と理解することができれば、英語への苦手意識はなくなることでしょう。